ホーム > 事業案内 > 居宅介護支援事業  
事 業 案 内 
  居宅介護支援事業   
     
   
利用者が可能な限り、自宅での生活が継続できるように利用者の意思に基づいて
事業者が依頼を受け、適切な居宅サービス計画(ケアプラン)を作成し、
サービスの提供が確保されるよう、サービス提供事業者との連絡調整やその他便宜を図ります。

 
     
 
 
経験豊かなケアマネジャーが、
要介護認定を持たれた方や、
そのご家族の在宅での
生活相談・支援・代行業務などを
行っています。

平均三十数名の担当をそれぞれに持ち、
お話を伺いながら共に悩み、
時には支援事業所内でも検討を
重ねながら対応させて頂いています。

介護保険のサービスを活用するだけでは
解決しない問題もたくさんあります。
そのような思いに添えるよう、
日頃から研修に参加する機会を持ち、
ケアマネジャーの資質向上に努めています。

 

 
 
     
 

介護保険のサービスを利用するためには介護認定を受け、居宅介護サービス計画(ケアプラン)の作成が必要です。
認定の手続きはしょうぶ苑の居宅介護支援センターでも代行申請できます。

(ケアプランとは、1ヶ月ごとにどんなサービスをどのように利用するかを、
介護の必要性や介護予防の目的に沿って立てる計画のことです。)
       
    
在宅支援センターも兼ねていますので、
介護に関するご相談等もお受けしています。
お気軽に声を掛けてください。
お電話でのご相談もお受けしています。
  近江舞子しょうぶ苑居宅介護支援センター
               (しょうぶ苑玄関東側ログハウス)

TEL 077-596-8333 または 077-596-2233